燃費

フィットハイブリッド市街地での実燃費を愛車で検証

投稿日:

フィットハイブリッド市街地での実燃費を愛車で検証

フィットハイブリッド市街地での実燃費を愛車で検証

フィットハイブリッドの購入を考えている方が一番興味のあるのが実際の燃費だと思います。

特に普段使いの「市街地」での実燃費が一番知りたい部分だと思います。

 

カタログに記載されている走行燃費使用比率(JC08モード)は31.4km/lとなっています。

しかし一般的にカタログの燃費と実燃費は違うということをよく聞きますが、実際の市街地での燃費はどんな値になるのでしょうか。

 

私の愛車はフィットハイブリッドのSパッケージ(GP5)。

私の実体験に基づいたフィットハイブリッドの実際の燃費をご紹介したいと思います。

 

下取りは一括査定サイトを使うのがいい!

「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」

これは絶対におさえておかないといけない法則。

いろいろ調べてみるとディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あるそうです。

一括査定サイトを使うことで、
有名・大手の下取り会社が最大10社一斉にあなたの車を査定!

買取価格を競ってどんどん値段を吊り上るという仕組みなのです。

 


中古車一括査定の安心車.jp

◆フィットハイブリッドSパッケージ(GP5)紹介

私のフィットハイブリッドは、「1.5L i-VTEC + i-DCD」の組み合わせ。ホンダの中では、もっとも小さなクラスとなります。

 

エンジンの出力は110PS/6000rpm 13.7kgf・m/5000rpm、モーター29.5PS 16.3 kgf・mと公表されており、エコカー「らしい」というか、並ぶ数字は控えめなものが多い印象です。

しかし、市街地走行ではモーターのトルク特性から、数字の印象に反して、キビキビとした走りをしてくれます。

 

同車のスポーツグレードであるRSと同じサイドスカートやリヤスポイラー、リヤバンパーを奢り、タイヤも185-55-16を装着していて、見た目からはエコカー「らしくない」感が漂います。

 

◆フィットハイブリッド普段の使い方

普段の使用状況においては、ハイブリッド車の経済性を十分に発揮するために「E-con」はオン、「Sモード」はオフで走行します。この設定状態では、

 

①1速はモーターのみで走行

②2速からエンジン+モーターのハイブリッド走行

③60km/h前後到達+軽いアクセルオフ でモーター走行

となります。

 

メーカーのホームページの説明では「バッテリーの充電状態による」との前置きはありますが、通常は ① → ② → ③ の操作フローとなり、全て自動で制御されます。

③の巡航速度でのモーター走行の距離を稼ぐことが平均燃費を向上させる鍵となります。

 

◆フィットハイブリッド実際の燃費計測記録

フィットハイブリッド市街地での実燃費を愛車で検証

カタログに記載されている走行燃費使用比率(JC08モード)は31.4km/lとなっていますが、実際にはどのような数値になったのか紹介します。

 

普段の走行での燃費

平均燃費29.1km/l マルチインフォメーションディスプレイ(平均燃費計)で計測

【計測日】 : 5月4日
【天候】 : 晴れ
【外気温】 : 21℃
【道路状況】 : 連休のため多少の混雑
【時間】   :正午過ぎ
【走行距離】 : 60km  市街地中心
【その他】  : エアコン使用 道路の流れに合わせた運転

 

燃費が良かった日の走行例として挙げました。

一般的に春、秋は燃費の良い時期と言われますが、ハイブリッド車も同じように季節の影響を受けます。

信号待ちや渋滞の場合でもエンジンはオフとなっているため、駆動用バッテリーの自然放電やエンジン温度の低下が極端に進まない限り、エンジンのアイドリングは発生しません。

尚、今回の走行では、エアコンを使用しましたが、冷房よりも暖房の場合にエンジンが稼働しやすくなる印象です。

 

雨の影響

平均燃費24.2km/l マルチインフォメーションディスプレイ(平均燃費計)で計測

【計測日】 : 5月7日
【天候】 : 雨
【外気温】 : 16℃
【道路状況】 : 出勤時の混雑
【時間】   :午前7時
【走行距離】 : 19km  市街地中心
【その他】  : エアコン使用 道路の流れに合わせた運転

 

普段の走行での燃費での計測に比べると、リッターあたり-4.9km/lの悪化、17%悪化しました。

これはタイヤの回転方向の水が波となって抵抗になるからと言われています。

ですから、安全に影響のない範囲で水の貯まりやすい轍の部分を避けて走行したり、排水性の高いパターンのタイヤに替えることで、多少燃費を改善できると思います。

 

外気温による影響

平均燃費24.8km/l マルチインフォメーションディスプレイ(平均燃費計)で計測

【計測日】 : 3月4日
【天候】 : 晴れ
【外気温】 : 5℃
【道路状況】 : 出勤時の混雑
【時間】   :午前7時
【走行距離】 : 19km  (市街地5km 郊外・農道14km)
【その他】  : エアコン使用 道路の流れに合わせた運転

 

冬場はエンジンの暖気のために、同じ使用方法、同じ経路を走行していても、燃費が悪化する傾向にあります。

巡航速度(60km/h前後)でもEV走行に入りにくく、エンジンの稼働している時間が長く感じられます。

外気温の影響の他に、スタッドレスタイヤ装着による抵抗の増加があると言われています。このため、天気予報(長期予報)等の気候の変化に注意しながら、早めの夏タイヤへの交換が燃費改善のポイントと言えます。

 

◆フィットハイブリッド市街地での実燃費のまとめ

私のフィットハイブリッドのSパッケージ(GP5)の年間を通しての平均燃費は27.5km/lほどだというデータがとれました。

 

そして今年の3月にスタッドレスタイヤからのタイヤ交換を機に夏タイヤをダンロップのエナセーブ(185-55-16)に交換。

タイヤを替えてから燃費は30.8km/lと大きく改善傾向にあります。

 

タイヤとのマッチングが良かったのか、気候的な要因になるものなのかは、もう少ししないと結論づけづらいのですが、純正で入っていた「ダンロップ SPORT」はノイズも若干多めで、スポーツタイヤの部類の要素もあったのかもしれません。

やはりタイヤが燃費に与える影響は大きいようです。

 

しかしJC08モードが31.4km/lですので、カタログ火の値は98%にのぼります。これだけカタログ値に近い実燃費で走ってくれれば十分と言えると思います。

 

フィットハイブリッドの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フィットハイブリッドが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

フィットハイブリッドがほしい!

 

フィットハイブリッドは、低燃費のコンパクトカーNo1ハイブリッド車といっても良いでしょう。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」の採用により、ライバルモデルの中でも安全装備と運転支援機能が最も充実しているのがフィットハイブリッドなのです。

 

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

現在乗っている愛車は15年落ちのスポーツカー。その車と比べたら信じられない超未来の車。快適度が別格なのが今の車です。

フィットハイブリッドの情報を、調べれば調べるほどどんどん欲しくなってきます。

でも、いざ買うことを考えてみると…

  • 「ハイブリッド燃費はいいのに…車体が高い…」
  • 「月々の支払いはなるべくおさえたい…」
  • 「値引き交渉ってめんどくさそう…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「どこで買うのが安いのかわからない…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」
  • 「今の愛車高く売りたい…」

と多くの悩みがでてきます。

家族や友人に相談しても「車なんてなんでもよくない?」との反応。。。

もうひとりで解決する!といろいろ調べてみると

車を安く買うための必勝法を見つけました。

 

下取りは一括査定サイトを使うのがいい!

「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」

これは絶対におさえておかないといけない法則。

いろいろ調べてみるとディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あるそうです。

一括査定サイトを使うことで、
有名・大手の下取り会社が最大10社一斉にあなたの車を査定!

買取価格を競ってどんどん値段を吊り上るという仕組みなのです。

 


中古車一括査定の安心車.jp

安心車.jpは最大10社の大手買取業者に

安心車.jpは、最大10社の大手買取業者が

愛車の下取り価格をどんどん釣り上げてくれるサービスです。

人気の秘密、それは!

45秒程度でできる簡単な入力であなたの愛車の最高下取り金額が
チェックできる点です。

ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で80万円で下取りされた
という驚きの口コミ経験談をネットで見つけました。

 

安心車.jpは、
多くの一括下取りサイトでは
一番使い勝手がいいと思います。

登録されている買取業者も
「ガリバー」など、誰もが知っている
業者さんが多数登録されておりで安心です。

登録後の対応も安心丁寧で、すぐに下取りの
見積もりをだしてくれます。

下取り価格も非常に高くなるはずなので
おどろいてしまうくらいです。

安心車.jpを活用し
愛車の買取価格を上げることで、

実質、値引き額が大きくなったのと
同じことになります。

ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているので、
いくら頑張ってもあまり増えないのが一般的です。

必ず安心車.jpなどのサイトで一括査定を
行い自分の愛車の価値を把握しておきましょう。


中古車一括査定の安心車.jp

-燃費

執筆者:

関連記事

フィットハイブリッド燃費の実際値は?燃費を伸ばすコツはコレ!

フィットハイブリッド燃費の実際値は?燃費を伸ばすコツはコレ!

フィットハイブリッド燃費の実際値は?燃費を伸ばすコツはコレ! 下取りは一括査定サイトを使うのがいい! 「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」 これは絶対におさえておかないといけない法則。 いろいろ調 …