リセール買取

フィットハイブリッドのリセールバリュー考察!買取価格相場より高く売る方法

投稿日:

フィットハイブリッドのリセールバリュー考察!買取価格相場より高く売る方法

車を購入する際に気になるのが、何年か乗った後に売却するときのいくらになるか?でしょう。

いわゆるリセールバリューが車購入のひとつのポイントになります。

 

大人気のホンダフィットの購入を考えている方も

「フィットはリセールバリューが良いの?悪いの?」

「フィットはどのグレードを選ぶべき?」

「やっぱりハイブリッドはお得なの?」

 

このように車を購入する前から売ることを考えて車種選択するのは賢い選択の一つといえるでしょう。

 

ここではフィットハイブリッドのリセールバリューについて調べてみたいと思います。

 

下取りは一括査定サイトを使うのがいい!

「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」

これは絶対におさえておかないといけない法則。

いろいろ調べてみるとディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あるそうです。

一括査定サイトを使うことで、
有名・大手の下取り会社が最大10社一斉にあなたの車を査定!

買取価格を競ってどんどん値段を吊り上るという仕組みなのです。

 


中古車一括査定の安心車.jp

◆ハイブリッド車両はリセールバリュー的にお得なのか?

一般的にハイブリッドのリセールバリューは「査定額が高い」といった良いイメージでとらえている方が多いでしょう。

しかしハイブリット車のリセールバリューは、本当に高いのでしょうか?

 

そもそもハイブリッド車とノーマル車は販売価格に大きな差があるのが普通です。

一般的にはノーマルエンジン車よりもハイブリッド車の方が価格が高くなっており、数十万円もの差がついているのが普通です。

 

通常の車購入のサイクルはだいたい長くても10年ごとくらいではないでしょうか。

ガソリン代を節約できハイブリッドがお得!と考えている方は多いと思います。

 

ハイブリッド車の燃費はノーマル車の燃費より良いのは間違いないのですが、もともと数十万円高いハイブリッド車の値段差ほどガソリン代を節約できるのかというとどうなのでしょうか。

 

いくら燃費のいいハイブリッド車だからといって10年間で数十万円分もの値段差を回収できるほど燃費が良いということはありません

 

◆それでもフィットハイブリッドがお得な理由

ホンダフィットの場合、ノーマル車とハイブリッド車の価格差は約27万円になります。

 

ノーマルの【1.3 13G・F】は新車価格が税込約143万円。燃費はカタログ値24.6km/L(CVTモデル)

ハイブリッドの【HYBRIDベース】約170万円。燃費は37.2km/L。

 

燃費差は12.6km/L。この燃費差だと一般的な使い方で年間2万円ほどのガソリン代が浮いてくると考えられます。

この燃費差をガソリン代だけで27万円を取り戻すには13~14年かかってしまいます。

このように燃費がいいからハイブリッドを選ぶ!と単純に考えることはできないのです。

 

それでもハイブリッドのほうがお得だと言われる理由があります。

それは単純に「人気があるから」だと言えます。

 

人気が高い=ほしい人が多い=ハイブリッドの方がリセールバリューが高いといえます。

 

ノーマルとハイブリッドで迷ったらハイブリッドの方を選びたくなる人は多いでしょう。

一般的にハイブリッド車は人気が高いのはまちがいありません。

 

ハイブリッドのリセールバリューが高くなる理由は、中古車市場においても需要があるからなのです。

 

◆フィットハイブリッド買取価格相場

2018年時点でのフィットハイブリッドの基本価格と買取相場は以下になります。

ガソリン
・新車価格  142.9 万円~ 205.1 万円
・平均査定価格  28.6万円

ハイブリッド
・新車価格 170.0~236.7 万円
・平均査定金額 90.7万円

【2018年6月現在】

 

買取金額が高いのは予防安全装置「Honda SENSING」が搭載されたグレードになります。

フィットハイブリッドの中古車価格はだいたい120~150万円が相場で、平均買取相場も高めの水準にあります。

特に現行モデルは高いリセールバリューが期待できる状況です。

 

全般的にリセールバリューの高いフィットですが、ハイブリッド車と1.3Lガソリン車ではリセールバリューも差があります。

さらに前型フィットハイブリッドはハイブリッドの性能が低く、現行フィットハイブリッドと性能面での差がリセールバリューの差となって表れています。

やはりリセールバリューを考えるならフィットの現行ハイブリッドモデルを購入しておきたいものです。

 

◆フィットハイブリッドを買取価格相場より高く売る秘訣

リセールバリューを考えてフィットハイブリッドを購入する際の注意ポイントがあります。

 

まずは駆動方式ですが、フィットハイブリッドはFFと4WDモデルをチョイスすることが可能です。

FFより4WDのほうが玉数が少ない分リセールバリューは高くなりますが、新車価格で20万円近く高くなるのも事実。

リセールバリューのためだけにわざわざ4WDを選ぶ必要はなさそうです。

 

次にボディカラー。

一般的な中古車市場では、白と黒のボディカラーが人気で、他の色と比べると10万円ほど高く売れるというのが一般的です。

リセールバリューで得するおすすめのカラーはやはり、ホワイト系とブラック系と言えます。

フィットハイブリッドを買取価格相場より高く売る秘訣は、ボディカラーを「プラチナホワイトパール」か「クリスタルブラックパール」を選んでおくことです。

しかしフィットは一般的に不人気色と言われるイエロー・オレンジ・レッドなどの明るいボディーカラーもそこそこ人気が高く需要もあります。

逆にシルバーなど無難なボディーカラーのほうがリセールが悪くなる可能性が高いと言えます。

 

グレードはやはりホンダセンシング搭載モデルのほうがリセールバリュー的に有利になるでしょう。

さらにエアロ・MT仕様のRSグレードは、走りにこだわる一定層に人気があり、高いリセールバリューが期待できます。

新車価格が200万円前後で、買取価格相場は110万円を超えていますので、かなりリセールバリュー的においしいグレードだと言えます。

 

装備品で気になるのがナビゲーションシステム。

純正ナビの付加価値が5万円ほどなので、安い社外品ナビを後付けでもリセールバリュー的には問題ないでしょう。

 

リセールバリューが悪くなるのは、やはり過走行。10万キロを超えてしまうとかなり査定額は低くなってしまうでしょう。

車は年々価値が下がっていき、購入から10年過ぎれば査定額ゼロというのが一般的です。

しかし、フィットの場合は需要が多いため、10年落ちの10万キロオーバーの安いグレードでも10万円ほどの買取額が付くケースもあるそうです。

 

過走行に注意し、大事にフィットハイブリッドを乗って高いリセールバリューを目指したいものです。

 

◆まとめ

フィットハイブリッドをガソリン代が安いということだけを考えて購入するのは間違いです。

しかしリセールバリューを含めてのトータルでのチョイスならフィットハイブリッドという選択はありです。

 

車は5年落ち以降、査定額はどんどん下がっていきますので、リセールバリューを考えるなら新車を5年で売却するのが良いかもしれません。

 

まだ流通量が少ないフィットハイブリッドの中古車両。今なら中古車市場で高値で取引きされるため買取価格も期待できます。

2019年にはフルモデルチェンジという情報もあるフィットハイブリッド。

買取相場が下がる前に売却を考えるのもよいかもしれません。

 

ただ売却する際、買取価格を高くするために絶対押さえておきたいポイントがあるのです。

 

それは「ディーラーの下取り価格で鵜呑みにせず、最低3社~5社の相見積もりをとる!」です。

 

フィットハイブリッドが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

フィットハイブリッドがほしい!

 

フィットハイブリッドは、低燃費のコンパクトカーNo1ハイブリッド車といっても良いでしょう。

1.5Li-VTECエンジンi-DCD+7速デュアルクラッチトランスミッションの採用でJC08モードで36.4 km/L(FF)という低燃費を記録!

走行性能をスポイルせずに低燃費を実現、さらにこのクラスではもっとも広いラゲッジスペースを確保した日本を代表するエコでホットなコンパクトカー。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」の採用により、ライバルモデルの中でも安全装備と運転支援機能が最も充実しているのがフィットハイブリッドなのです。

 

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

現在乗っている愛車は15年落ちのスポーツカー。その車と比べたら信じられない超未来の車。快適度が別格なのが今の車です。

フィットハイブリッドの情報を、調べれば調べるほどどんどん欲しくなってきます。

でも、いざ買うことを考えてみると…

  • 「ハイブリッド燃費はいいのに…車体が高い…」
  • 「月々の支払いはなるべくおさえたい…」
  • 「値引き交渉ってめんどくさそう…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「どこで買うのが安いのかわからない…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」
  • 「今の愛車高く売りたい…」

と多くの悩みがでてきます。

家族や友人に相談しても「車なんてなんでもよくない?」との反応。。。

もうひとりで解決する!といろいろ調べてみると

車を安く買うための必勝法を見つけました。

 

下取りは一括査定サイトを使うのがいい!

「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」

これは絶対におさえておかないといけない法則。

いろいろ調べてみるとディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あるそうです。

一括査定サイトを使うことで、
有名・大手の下取り会社が最大10社一斉にあなたの車を査定!

買取価格を競ってどんどん値段を吊り上るという仕組みなのです。

 


中古車一括査定の安心車.jp

安心車.jpは最大10社の大手買取業者に

安心車.jpは、最大10社の大手買取業者が

愛車の下取り価格をどんどん釣り上げてくれるサービスです。

人気の秘密、それは!

45秒程度でできる簡単な入力であなたの愛車の最高下取り金額が
チェックできる点です。

ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で80万円で下取りされた
という驚きの口コミ経験談をネットで見つけました。

 

安心車.jpは、
多くの一括下取りサイトでは
一番使い勝手がいいと思います。

登録されている買取業者も
「ガリバー」など、誰もが知っている
業者さんが多数登録されておりで安心です。

登録後の対応も安心丁寧で、すぐに下取りの
見積もりをだしてくれます。

下取り価格も非常に高くなるはずなので
おどろいてしまうくらいです。

安心車.jpを活用し
愛車の買取価格を上げることで、

実質、値引き額が大きくなったのと
同じことになります。

ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているので、
いくら頑張ってもあまり増えないのが一般的です。

必ず安心車.jpなどのサイトで一括査定を
行い自分の愛車の価値を把握しておきましょう。


中古車一括査定の安心車.jp

-リセール買取

執筆者: