乗り心地

フィットハイブリッドの乗り心地は改善したいレベル?ギクシャクやうるさいは本当?

投稿日:

フィットハイブリッドの乗り心地は改善したいレベル?ギクシャクやうるさいは本当?

多くの人に人気のハイブリッド車「フィットハイブリッド」。

この大人気車種に関して、気になる情報をたまに目にします。

それはフィットハイブリッドの乗り心地に関して、「ギクシャクする」や「うるさい」といったマイナス情報です。

低燃費や乗りやすさ、静かさがウリのコンパクトハイブリッド車の購入を考えている方にとっては、このあたりの情報は気になるところでしょう。

ここではフィットハイブリッドの乗り心地は改善したいほどのものなのか、ギクシャクやうるさいといった情報は本当なのか検証してみたいと思います。

 

下取りは一括査定サイトを使うのがいい!

「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」

これは絶対におさえておかないといけない法則。

いろいろ調べてみるとディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あるそうです。

一括査定サイトを使うことで、
有名・大手の下取り会社が最大10社一斉にあなたの車を査定!

買取価格を競ってどんどん値段を吊り上るという仕組みなのです。

 


中古車一括査定の安心車.jp

◆フィットハイブリッドのギクシャク感の原因と対策

まずは乗り心地に関して「ギクシャクする」といった情報です。

これは特に初期モデルのフィットハイブリッドユーザーが乗り心地に関して多く感じた感想のようです。

しかし現行モデルのフィットハイブリッドでもギクシャク感があるとの意見があります。

 

このギクシャク感の原因はDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)にあるとされていて、これがフィットハイブリッドの乗り心地に影響を与えます。

デュアル・クラッチ・トランスミッションの利点はダイレクト感のある加速にあります。

マニュアルトランスミッション(MT)と同じ構造で、クラッチ操作とシフト操作を自動化したトランスミッションになります。

 

このDCTによるギクシャク感が発生するのは、加速中のシフトアップや減速時のアクセル操作などのタイミングです。

人によって感じる印象は違いますが、シフトやアクセル操作中に違和感を覚えれば、それがギクシャク感の可能性が高めです。

一方では、DCTに期待する操作感をAT車寄りかMT車寄りか、ととらえるかで、感じ方に違いがあると考えられます。

ギアチェンジ時にショックを感じるのは、MT車では珍しくありませんから、AT車に慣れていると強い違和感となります。

逆にMT車に慣れている人であれば、多少ギアが重かったりチェンジ時に違和感が生じても、許容範囲内ととらえられています。

 

対策方法はディーラーに相談すること、そして確認してもらったり調整を受けることです。

古いモデルのフィットハイブリッドに乗っている場合は、内部プログラムが原因でギクシャク感が生じています。

かつてはリコール対応されたモデルもあるので、対象となっていないか確認したり、可能であればプログラムの更新や走りのチェックを受けることが肝心です。

 

乗り方の工夫で対策できないこともありませんが、ギクシャクとした感覚は完全には消せないので、それがストレスとなったりおかしな走りの癖になります。

ディーラーは、フィットハイブリッドの走りの特徴や問題を把握していますから、相談して見てもらうのがベストです。

問題が確認されれば対処してもらい、根本的にギクシャク感を取り除いてもらえれば快適性が得られます。

乗る人が悩んでいるだけでは、車の癖なのか不良なのかは分からないので、プロのチェックを受けることが対策の基本です。

 

◆フィットハイブリッド うるさいと感じるのはなぜ

エンジンとモーターを採用するフィットハイブリッドですが、モーター走行時にもうるさいと感じるケースが存在します。

うるささの根本的な原因はコストカットによるもので、振動対策が完全に行き届いていないのがポイントです。

 

また、エンジン走行時にうるさいのは、フィットハイブリッドに採用されているiDCDの特性によるものです。

原理的には避けられない音ですが、少しずつ改良が積み重ねられていますから、将来的に気にならなくなる可能性はあります。

逆にモーターの方は、先に対策されて他社のハイブリッド車並に静かになっています。

 

初期モデルは甲高い高周波が耳を刺激していましたが、現在は対策が行われていて、耳障りなうるささは大幅に抑制済みです。

このキーンという音は、若い人でなければ聞こえない周波数なので、うるさく感じる人は若い証拠です。

最新モデルと旧型では、そもそも高周波の出方が違いますから、モーター走行時に発する音は大分変わっています。

 

他にうるさいと感じる部分があるとしたら、それは加速時の始動音や走行中のロードノイズです。

加速時の始動音はエンジンに切り替わる瞬間が顕著で、人によっては耳に付く感じの音が発生します。

走行中のロードノイズは車の宿命ですし、コストカットが推し進められているモデルほど、走行時に発するノイズ量が増加します。

加えて、車は乗り続けると剛性が低下しますから、フィットハイブリッドに長く乗っていれば音が大きくなったと感じられます。

つまりフィットハイブリッドのうるささは、車特有の特徴が合わさったもので、旧型ほど耳に付く高周波が強めに出ます。

近年は高周波対策済みで、他の部分も見直されていますから、うるさいと感じる場面は減っています

 

◆フィットハイブリッド 走行音は気になるレベルなのか

フィットハイブリッドの走行音が気になるか、これは乗車するモデルや乗る人の耳によります。

最新モデルは随所に対策が施されているので、走行音を気にする人は減少している傾向です。

もし気になることがあるとしたら、過去のフィットハイブリッドの印象を強く抱いていたり、耳が良くて小さな音も意識してしまう人があてはまります。

 

フィットハイブリッドの走行音は、ライバルのハイブリッド車と比較して、引けを取らないまでに改善されていますが、それでもこの車固有の走行音が残ります。

音が耳に付くかどうかは人それぞれなので、絶対に気にならないと誰も断言はできませんが、十分に許容できる余地があるとはいえます。

 

比較的新しいフィットハイブリッドに乗って、わずかでも耳に付く走行音が感じられる場合は、古いモデルも不満なく乗るのは困難です。

旧型には高周波の問題もありますが、走行音自体が今より大きいですから、気にせずに乗ったり我慢するのは難しいと思われます。

現行のフィットハイブリッドは、ハイブリッド車の中では少し気になる程度で、独特の走行音が許容できれば無理なく乗れます。

実用性は十分に高まっていますから、後は乗る人がどの位の音を気にするかで、フィットハイブリッド選びや購入の選択が決まります。

 

フィットハイブリッドに寄せられる口コミでは、騒音を感じたり問題としている人は減って、満足に感じている割合が増えています

エンジン音に興奮できる人であれば、フィットハイブリッドのエンジンサウンドは車の魅力として感じられる要素となり得ます。

騒音と感じるか車の個性と捉えるかは、人の感性によって違いが表れる部分です。

明らかにうるさいというわけではないので、気にする人には耳に付くといった感覚のレベルです。

 

◆フィットハイブリッドの乗り心地を改善する方法

フィットハイブリッドの乗り心地を改善するには、なるべく新しいモデルに乗り変えるのが原則です。

旧型は対策が不十分だったので、対策済みの新型の方が快適性は高めです。

 

手間を掛けずに乗り心地を改善したい場合は、最新型に乗り換えるのがベストだといえるでしょう。

モデルチェンジの変化は大きいですから、単純に乗り換えるだけでも快適に感じられます。

 

既に新型に乗っていたり、旧モデルでも乗り換えが難しい時は、メンテナンスを受けて調整してもらうのが現実的です。

音の気になる部分や特徴を予め伝えておけば、チェックやメンテナンスの際に対策を施してくれます。

音が発生する部品の交換や追加の対策もあり得るので、正規のディーラーに相談するのは有効な手段です。

 

コストを掛けずに乗り心地を変えたいのなら、市販のグッズで対策を行うことになります。

潤滑性のあるスプレーは、フィットハイブリッドに限らず乗り心地を改善するのに役立ちます。

対策は音に関する部分だけですが、きしみ音が発生しているなら効果に期待できます。

スプレーは性質的に安定性が高く、油切れを起こさない使いやすい物が理想的です。

特に、樹脂製パーツの部分は対策効果が高いので、プラスチックに使えるスプレーを選びつつ改善を試みましょう。

 

購入当初から徐々に乗り心地が変わったと感じる、あるいは急に変化したと思った場合は、オイル関連の品質低下が疑われます。

オイルは乗り心地に直結する要素なので、潤滑性が低下していれば致命的です。

こちらもメンテナンスついでに対応してもらえますから、潤滑スプレー程度で改善しない時は、ディーラーに任せて各部を見直してもらうことが大切です。

 

直ぐに少しでも対策を行いたいなら、座席部分にクッションを敷いたり、ヘッドレストを使用してベストポジションを探すのが手軽です。

 

フィットハイブリッドが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

 

フィットハイブリッドがほしい!

 

フィットハイブリッドは、低燃費のコンパクトカーNo1ハイブリッド車といっても良いでしょう。

1.5Li-VTECエンジンi-DCD+7速デュアルクラッチトランスミッションの採用でJC08モードで36.4 km/L(FF)という低燃費を記録!

走行性能をスポイルせずに低燃費を実現、さらにこのクラスではもっとも広いラゲッジスペースを確保した日本を代表するエコでホットなコンパクトカー。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」の採用により、ライバルモデルの中でも安全装備と運転支援機能が最も充実しているのがフィットハイブリッドなのです。

 

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

現在乗っている愛車は15年落ちのスポーツカー。その車と比べたら信じられない超未来の車。快適度が別格なのが今の車です。

フィットハイブリッドの情報を、調べれば調べるほどどんどん欲しくなってきます。

でも、いざ買うことを考えてみると…

  • 「ハイブリッド燃費はいいのに…車体が高い…」
  • 「月々の支払いはなるべくおさえたい…」
  • 「値引き交渉ってめんどくさそう…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「どこで買うのが安いのかわからない…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」
  • 「今の愛車高く売りたい…」

と多くの悩みがでてきます。

家族や友人に相談しても「車なんてなんでもよくない?」との反応。。。

もうひとりで解決する!といろいろ調べてみると

車を安く買うための必勝法を見つけました。

 

下取りは一括査定サイトを使うのがいい!

「下取りは一括査定サイトを使うのがいい」

これは絶対におさえておかないといけない法則。

いろいろ調べてみるとディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あるそうです。

一括査定サイトを使うことで、
有名・大手の下取り会社が最大10社一斉にあなたの車を査定!

買取価格を競ってどんどん値段を吊り上るという仕組みなのです。

 


中古車一括査定の安心車.jp

安心車.jpは最大10社の大手買取業者に

安心車.jpは、最大10社の大手買取業者が

愛車の下取り価格をどんどん釣り上げてくれるサービスです。

人気の秘密、それは!

45秒程度でできる簡単な入力であなたの愛車の最高下取り金額が
チェックできる点です。

ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で80万円で下取りされた
という驚きの口コミ経験談をネットで見つけました。

 

安心車.jpは、
多くの一括下取りサイトでは
一番使い勝手がいいと思います。

登録されている買取業者も
「ガリバー」など、誰もが知っている
業者さんが多数登録されておりで安心です。

登録後の対応も安心丁寧で、すぐに下取りの
見積もりをだしてくれます。

下取り価格も非常に高くなるはずなので
おどろいてしまうくらいです。

安心車.jpを活用し
愛車の買取価格を上げることで、

実質、値引き額が大きくなったのと
同じことになります。

ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているので、
いくら頑張ってもあまり増えないのが一般的です。

必ず安心車.jpなどのサイトで一括査定を
行い自分の愛車の価値を把握しておきましょう。


中古車一括査定の安心車.jp

-乗り心地

執筆者: